日本人エチケット ムダ毛処理

日本人のエチケット、きちんとムダ毛処理

日本人は、ムダ毛の処理に関してとにかく熱心ですよね。
夏の薄着の時期の前になると、インターネットでもテレビでも、一斉にムダ毛処理の宣伝や広告が出てきます。

「つるつるの肌」、ムダ毛の一本もない、スベスベの肌が、私たち日本人にとって、あこがれでもあり、女性として当然のことと言っても過言ではありませんね。

 

でも、他の国のことを考えると、実は日本人ほど熱心でもなかったりします。
おそらく、毛の色が違うということも考えられます。
金髪や薄い茶色の毛の色の国の人たちにとっては、特に必要を感じないのかもしれませんね。

 

私たち日本人は、「黒」
黒はとにかく、目立ちますよね。そして、「生えてる」という感じがものすごくしますよね。
そんな黒い毛がボウボウに生えていたら・・・。やはりツルツル、スベスベがいいですね。

 

ムダ毛の処理は、見た目だけでなく、他のことのためにも必要だと思います。
それは「臭い」。

 

特にワキの話ですが、ムダ毛を放っておくと、そのムダ毛に汗がついて、そこに雑菌がついて、と臭いのもとに。
汗の臭いを防ぐためには、ワキのムダ毛の処理は大切なこと、エチケットだと思います。

 

また、日本人の習慣が、女性はムダ毛がないほうがいい、というものであるなら、マナー、エチケットとして、きれいに処理したいですね。


脱毛とお金と女子力

「永久脱毛」とか「光」とか「レーザー」とかいっぱいあって何がなにやら。

 

両ワキ6回で2千円?6千円ぐらいに値段は下がっているけど、
たくさんサロンがあってクチコミを見るのも容易じゃないです。

 

本当どこがいいのー!?って感じ。

 

というわけで、姉の紹介でレーザー脱毛3千円で6回の脱毛サロンに行ってみました。
1回はスケジュールが合わなくてキャンセルしてしまったので合計4回。

 

残り1回、次で終わりです。結論からいえば、薄くはなったかも。ぐらいです。

 

施術は・・・意外と痛いんですよ。
みんな脱毛の話とかって表立ってしないので、痛みについての情報が不足してました。

 

1回目びりびりってきて「うそ、痛いけどマジで、
みんなこんなの平気で耐えてるの?」と思いました。

 

2回目からは耐えられるかも。やっぱり人間耐性があるとないじゃ大きな違いがあります。

 

それに今は痛みのない施術もあるみたいですよね。やったことないけど。

 

よく「勧誘されそうで嫌だ」っておっしゃる方います。私もです。
断るのって本当体力使います。

 

私の行った脱毛サロンは、全くといっていいほど勧誘がなかったです。
本当に気楽に行くことができました。

 

いつも思うんですが、美容の方々って金銭感覚おかしくないですか?

 

だって「今日チケットを買うぞ!!」って決めてきてもないのに、
その日に「どうですか?50000円のコースなら足元までできますよ!

 

通常60000円のところが50000円でお得です!」って言われて、
「はい、じゃーそれをひとつ!!!」と言える方はなかなか少ないと思います。

 

結構大きな買い物ですよ。そんな稼いでませんもん。

 

でもやっぱり、女の子なので。脇の下とひざ下、二の腕はやっぱり綺麗でいたい。
カミソリより傷つかないし、もっとお値段安くなって気軽に利用できるようになることを望みます。

 

次はブラジリアンワックスに行こうか迷ってます。気になるけど、なかなか行きにくいです。
でも男の人の前で恥をかきたくないので、勇気だしてみます。